2018年7月18日 (水)

南の荒地の開発(7/15)

うちの敷地の南に、かなり広い荒地があった。
敷地の中は地形がどうなっているのかわからないほどの藪だった。
以前たまたま一度、その所有者にお会いしたことがあって
事情があり売却できず、放置状態だと聞いた。

姉が、滞在中に大がかりな整理があって
シイタケの栽培地になると聞いたという。

T18_0715areti929
今回来てみるとたしかに整備されていた。
道路沿いの、いつ倒れてくるかわからなかった朽木などもすっかり伐採され
車で通行しやすくなっている

T18_0715are930
膨大な量の笹、雑草が生い茂っていたものが片付けられ
初めて敷地の形状がわかった。
全体の姿はカメラに収まり切れない。
立ち木がどれも大木ではないところからして
放置されてそんなに長い年月が経ってはいないようだと思った。

T18_0715are933
住宅地にならなくて良かった。(身勝手な話だけど)
さいわい、立ち木は残されたので、うちから見える景観に変化はない。
放置されていたとき棲んでいた生き物がどうなったか、気にはなる。

|

2018年7月17日 (火)

北側デッキ・ドロバチの仲間

せっかく来たのだから、何かして帰ろうと
夫は北側デッキの手直しをしていた。

T18_0715kita948
先月、アナグマの子が出たとき応急で貼ったところをやり直した。

T18_0715doro941
作業中、ストックしていた木材にトックリバチの巣をみつけた。
見事なトックリが4個
まだ出来たばかりのようで、きれいにふたも閉められている。

T18_0715doro936
このままでは木材が使えないので場所替えできるならと
試しにトックリをはずそうとしてみたら
ぱらりと半分に割れてしまった。申し訳ない・・
巣の中には生まれてくるハチの幼虫のために
シャクトリムシが何匹も餌として詰め込まれていた。

T18_0715doro943
日よけのパラソルを広げ、穴にピンを差し込んだら
泥が落ちてきた。
ここにもドロバチの仲間の巣が。
トックリを作るハチとは種類が違うようだけど。

T18_0715doro942
さらに、開いた傘の骨組みにもまた別の種類の巣が並んでいた。


|

2018年7月16日 (月)

ネジバナ・他(7/15)

台風、大雨と続いた後なので
夫と二人、山の様子を見に行った。
一泊するつもりが、あまりの暑さで日帰りに変更。
特に異常はなく、最低限のことだけして夕方には帰路についた。

T18_0715niwa946
刈払機だけは頑張ってかけてきた。
一人のときやるより安全だし
へとへとになっても帰りの運転手がいる。

T18_0715neji919
草刈り前に撮影
ネジバナは去年よりさらに数が増えている。
前回、咲き始めをみて帰り、今回はほとんど終わっていた。

T18_0715omi909
春にカノコソウが咲いていたところにオミナエシが咲き始めている。

T18_0715phlox910
フロックス・パニキュラータ
丈夫で増えるため、大事に扱っていないけど
この時期になると急にありがたみが出てくる。
混み入っている環境はどこも同じなのに
今年はなぜか場所によってはうどんこ病がひどかった。
ここではきれいに咲いている。

T18_0715yusuge956
夕方5時半、帰り際
道路わきに植えたユウスゲが開花するのを見届けることができた。

T18_0715nade960
ナデシコもたくさん咲いていたけど撮った写真はこれ一枚。
今が最盛期で、次回はもうほとんど終わっているだろう。


|

2018年7月 5日 (木)

ネジバナ・他(6/28)

T18_0628neji848
ネジバナが咲き始めていた。

T18_0628star841
スターバースト(たぶん)は見ごろだった。

T18_0628okatora735
自生のオカトラノオにヒョウモンチョウが群がる。

T18_0628mona724
モナルダ

T18_0628hosta805
ホスタ、ブルーエンジェル


 

|

2018年7月 4日 (水)

ヤマアジサイのドライ

T18_0628aji887
咲き進んだヤマアジサイ、伊予獅子テマリと藍姫を
ドライにしようと、少し摘んできた。
古いかごは実家の整理で持ち帰ったもの。

T18_0628iyo859
これも伊予獅子テマリ
上の画像の、かごに入っていない一本はこれ。
しおれてからでは花弁がしぼんだりしてきれいにできないけど
このあと これもドライにした。

T18_0628ai856
藍姫
咲き進んで装飾花が裏返ったものが
形も良く、このあと乾いてからもきれいな色が残った。

T18_0628seto860
瀬戸の月

T18_0704iyo901
福岡の家の、鉢植えの伊予獅子テマリ
こちらは花色がピンクになる。
山より早く咲いて、すでに緑色になっている。
テマリ咲きの花は直径5~6cmしかなくて かわいらしい。

|

2018年7月 3日 (火)

天城甘茶・他(6/28)

T18_0628amagi757
小彼岸桜2 の株元に、天城甘茶の白い花が咲いた。
小さな苗のうちに、雑草に埋もれていて気づかず
刈払い機でうっかり株元から切り落としてしまったので
植え付けから数年 花をつけず、やっと。

T18_0628amagi758
細めの葉と花のバランスに惚れぼれ。
背後の花は阿蘇。

T18_0628smida797
写真では小さくみえるけど、大型のアジサイ墨田の花火
北側のジューンべりーの根元
今はミョウガも茂ってかなり暗いところではあるけど
ゾウムシの害を避けて移植したもの。
日照不足で花数が減っても
ことごとく若い花房を落とされるよりマシ。

T18_0628aya875
去年ポット苗を植えた、ヤマアジサイ・綾
同期生の押川紅も同じく、今年は咲かなかった。
今後の成長が楽しみ。

ヤマアジサイは大好き。
茎が細くて硬いせいか、ゾウムシの害も今のところないし
花も小ぶりで繊細なところがいい。
ついつい、数が増えてくる。

T18_0628iyosi716
伊予獅子テマリは咲き進んで
また違った魅力が出てきた。

|

2018年7月 2日 (月)

ジャガイモ・ニンニク・苺(6/28)

T18_0628jaga847
東の法面に近い畑
去年は紫芋を植えた場所に、今年は芽が出た古ジャガを植えた。
いや、処分するよりはとダメ元で埋め込んでいた。
連作障害が出るかと思ったけど期待以上に育ち、花が咲いている。

今年も自宅で紫芋の苗をつくっている。(遅)
どこに植えようか。

T18_0628nin882
去年11月に植えていたジャンボニンニク
まあ、普通のニンニクのサイズには育ったから よしとしよう。

小さな子球がついているので、秋にはそれを植えてみよう。
2~3年繰り返せばまともなサイズのニンニクが採れるとか。

T18_0628nin732
花に興味があって残していたけど
さすがに園芸種のアリウムのようにきれいなものではないね。
残さずに早く摘み取ればよかった。

T18_0628iti885
ジャガイモの近くに
福岡でプランター栽培していたイチゴを持ち込んでいる。
春以降、福岡の自宅ではナメクジ、ダンゴムシの害がひどい。
ここでランナーを延ばして子株を育てようと
これもダメ元で。

|

2018年7月 1日 (日)

北の畑、東の法面(6/28)

T18_0628maki822
前回アナグマが出た薪小屋のあたり
2泊3日のあいだ、今回は一度も姿をみなかったし、物音も聞いていない。

T18_0628kita824
薪小屋の裏側からみたところ。
これでは動物が棲みつくのも無理はないよね・・

果樹の株元にはミョウガが生い茂っている。
環境が合うようで、これが増えて増えて・・
もうしばらくしたら花芽が出てくるだろうから
その後大部分を抜き去って整備しようと思っている。
あの子たちが食べたのかどうか
グーズベリーは全部なくなっていた。

T18_0628higasi819
東の法面あたりは前回からかなり頑張って手入れをしている。
機械を使うと、だいじなイタドリまで刈ってしまうので(笑)
笹を手刈りして敷き詰め、クヌギの枝うちもした。

T18_0628kuri820
法面下の栗畑は、今年とうとう電気柵がついた。
(西側の一帯は数年前に設置されている)
そして今回、地主さんが草刈をしていて、とてもきれいになった。

うちの敷地の南に、原野のままの場所が残っている。
アナグマはそこを本拠地にしているのではと思うけど
どんどん住みづらくなっているだろうね。

|

夏椿と八重山ノイバラ

T18_0628natu712
夏椿

T18_0628natu813
高いところに咲いている花は
花弁が透けてみえてとてもきれい。

T18_0628yae893
花の大きさは夏椿と同じくらいの八重山ノイバラ

日差しがガンガン当たる地面に、這うように植えているので
逆光でみることはできない。
お椀のような花の中で、トラマルハナバチが転がって花粉を集めている。
気持ちよさそう。

T18_0628natu807
夏椿にもトラマル。
今回は庭にいるハチが少なかった。
目に付くのはたいていトラマルハナバチ。

T18_0628natu899
夏椿の足元にはたくさんの咲きがら。

同じ時期に咲く 似たような八重山ノイバラを
近くに植えてみるのも おもしろいかな。

|

2018年6月30日 (土)

ユウスゲ(6/27.28)

夫が旅行から戻り、ひととおりのことがすんだので
一人で いそいそと山へ。
27日から2泊滞在し、大雨警報が出た29日の帰宅途中でも
幸運なことに 一度も雨に遭うことなく帰ってこれた。

雨雲の状況やハイウェイ情報が、いつでもどこでも見られて
出発時間を決めることができるようになり
ほんとに便利になった。

T18_0627niwa743
ヘメロカリスの赤と、ユウスゲの黄色が
遠くからでもみえる。

T18_0627heme744
ヘメロカリスにはいろんな色の花があって
これは夏が来たなと思わせる、燃えるような赤。

今回、ホームセンターでみかけた処分苗のヘメロカリスで
ピンクの花が咲く苗を2つ、新たに植えてきた。
背後のピンクの花はホスタ。

T18_0627yusuge749
ヘメロカリスの先にはユウスゲが咲いている。
去年までは花数が少なく、タイミングの逃すと見られないと
思っていたけど、今年はそれなりに蕾の数も増えていた。

T18_0628yusuge829
2日目の夕方も。


T18_0628yusuge750
ユウスゲが終わるころ
画像手前(右下)の茂み、ワレモコウの穂が伸び始めるだろう。

T18_0628yusuge830
ユウスゲは道路沿いにも植えている。
こちらは去年あたりからやっと花が咲き始めたけど
まだ一度も咲いた姿をみたことがない。

|

«冷蔵庫の買替え(6/14~15)