2018年1月20日 (土)

2018年最初の山行き(1/18~19)

一月も半ばを過ぎて
今ごろではありますが、今年もどうぞよろしくお願いします。

***

T18_0118yama808
年が明けて初めての山行き。
ずっと寒い日が続いていたけど、3月並みの陽気になったため
様子を見に行った。
気温が高いのに道路のわきにはまだ雪のかたまりが残っていて
かなり積もっていたのだろうなとおもった。
今回は去年のように帰り道の凍結の心配はしなくてすんだ。

夫は旅行中で、仕事のことを考えずにゆっくり滞在できそうなものを
ねこが車酔いするようになったので置いてきたため
結局、今回もひとり一泊。

T18_0118koke820
毎年この時期、野芝の中には一面、コケが生えていて
歩くとふかふか気持ちがいい。

T18_0118koke857
古い切り株を覆うコケは数種類が共存していて
よく見るとおもしろい。

T18_0118koke859
大部分はこんなのだけど

T18_0118koke858
こんなツンツンしたのもある。

T18_0118mayu814
まだ咲いている花はほとんどなく
虫も少ない。
ウスタビガの繭が揺れているのをみつけたくらい。


|

2017年最後の山行き(12/26)

実家のことで日程も頭もいっぱいの状態で
とうとう2017年も終わりました。

長女の嫁ぎ先の方で不幸があったりもして
例年のように年末年始を山で過ごすこともなく
年が明け、今になって記事を更新しています。

***

T17_1226kan289
クリスマスが過ぎて、年末の渋滞が始まる前にひとり一泊
実家から持ち帰った荷物の持ち込みと
様子見のために山にでかけた。

T17_1226yab782
ヤブイバラの実
花も小さいけど、実も丸くて小さく、かわいい。

T17_1226simoba793
シモバシラは何度か凍結を繰り返しているらしい。

T17_1226olu803
こぼれ種のオルラヤが、辺り一面にびっしり。
自宅で種まきした苗が育っているというのに・・

T17_1226yama286
庭仕事は枯草を少し整理しただけで
お隣さんも、緑の家さんにも、誰にも会わないまま
さびしく帰路についた。

途中で通り過ぎた‘山の番人’さんの家だけは活気があり
猟師仲間の軽トラが4~5台集まって人の動きが見え
獲物の解体があっている様子で、そのにぎわいがちょっとうれしかった。


|

2017年12月12日 (火)

霜の朝(11/21)

T17_1121niwa681
翌21日は霜の朝になった。

T17_1121yamabo684
ヤマボウシの紅葉もこれでおしまい。

T17_1121simoba729
この冬はこれを楽しみにしていた。
初めて見る、シモバシラの霜柱。
なかなか通えずにいたのに、立ち会えてラッキーだった。

冬になって枯れたようにみえても茎が水分を吸い上げていて
氷点下の朝に茎の中の水分が凍ってこういう姿になるのだそう。
ここまで顕著ではないけど、小さいものなら野菊などの茎でもみたことがある。

T17_1121greenice686
バラ、グリーンアイス
その名のとおりの氷漬け

T17_1121blush694
初めて冬を迎えたブラッシュノアゼット
寒くなってもたくさんの蕾をつけてくれていた。

T17_1121simotuke700
シモツケの紅葉

T17_1121iroha713
イロハカエデもこれでおしまいになるかな。

T17_1121gar731
少し遅いけど今すぐ植えたらいいと
地元:Oさんから自家製のジャンボニンニクをいただいた。
手前のは普通のニンニク。
サツマイモの成功例もあるので、ダメ元で植え込んできた。

|

2017年12月11日 (月)

紅葉とバラの実(11/20)

T17_1120niwa658
20日
庭の中央で紅葉しているのは、マユミとイロハカエデ
背後の高木はコナラ

T17_1120mayumi649
マユミ(ニシキギ科)の 紅葉とあかい実


T17_1120nisiki656
自生のニシキギ
目立つものだけで2本、育っている。

T17_1120iroha650
イロハカエデ

T17_1120daigi666
台木ノイバラの実

|

2017年12月10日 (日)

玄関ひさし・4(11/20)

またしてもご無沙汰しました。
ちょうど過ごしやすい気候のあいだ中、実家の整理にはいり
ようやくそれが片付いて、ほっとしているところです。

今日更新した記事は
先月、一泊で行ったときの記録です。

***

T17_1120kan664
11月20日
実家の整理や手続きで、なかなか山に行けずにいた。
気温が氷点下に下がるようになったけど水道管凍結の対策をしていないし
他に用事もあって、作業はできなくても行ってみようと
夫と二人、出かけてきた。

T17_1120gen672
前回取り付けてもらった玄関照明の配線だけはやってもらった。

T17_1120moon674
日没後、まだ赤みが残る空に、月齢1の細い月。

|

2017年11月 4日 (土)

サツマイモ(10/31)

T17_1030yamabo571
いつもきれいな紅葉をみせてくれるヤマボウシ

T17_1031yamabo601
足元の秋明菊は咲き始めを見ただけで
通えないあいだに終わってしまった。

T17_1031imo827
植え付けが遅かったので期待していなかったサツマイモ
土嚢袋に植えたものを試しに堀りあげてみたら
ひと袋にこれだけ出てきて、予想外の手ごたえ。

T17_1031imo833
それならばと、霜が降りる前に全部収穫して帰ることにした。
狭い畑から、全部で土嚢袋に一杯分とれた。

T17_0923akebi363
自生のミツバアケビ
画像は前回(9/23)撮影したもの。
こんなにたくさんなっていたのに
今回みたら、ひとつ残らず何者かに食べ尽くされていた。
もともと自然のものなんだし、いいけどね。

|

2017年11月 1日 (水)

玄関ひさし・3(10/31~11/1)

いろいろあって、なかなか山に通えない日が続いていた。
ネットで購入した玄関のひさし用の板が
夫の車の中に積まれたままで気になっていた。
少し状況が落ち着いたので、夫と一泊、山へ。

T17_1031niwa597
桜の落葉で、庭が明るくなっていた。

T17_1031niwa598
 

T17_1031kan596
玄関ひさしは前回、枠組みはすんでいたので
持ってきた板を張るのは、その日のうちにほぼ終了した。

T17_1101gen620
これは軒天(?)部分が完成してからでもいいと思っていたのだけど
早くに購入して楽しみにしてた照明を取り付けてくれた。
取付位置は、ドアの開きと反対になるのでしばらく悩んだ末のこと。
コンクリート壁に穴をあけて器具の取り付けまでで、配線は次回。
あかりが灯るのを楽しみにしている。

T17_1101gen621
室内からの画像はないけど
中に居ても圧迫感はなく以前より落ち着いた感じになり
ひさしの影で夏の西日は遮られる。
上部には後日、二階ベランダのような桟木がはいる。

T17_1101kan624
一泊だけで、ゆっくりはできなかったけど
久しぶりの山を満喫できた。

***

コメント欄は当分のあいだ閉じております。

|

2017年10月 3日 (火)

バラの実と花(9/23)

T17_0923sakrano427
サクラノバラの実と、カシワバアジサイの紅葉。

T17_0923lamb378
ランブリングレクターの実

秋のバラの実は小鳥が来るのも楽しみでいいものだけど
この時期に開花するバラもやはり欲しくて
今年は返り咲きする品種を増やしていた。

***

T17_0923blush374
ブラッシュノアゼット(訂正:ブラッシュランブラーと書いていました)
この他
マダムフランソワーズ・ピテ
バブルバス
インスペクターブローム 
管理が悪くどれも開花数が少なくて
なかなかきれいな姿に立ち会えない。

19日、さらに2株 追加。
T17_0919darlow100
まるで野バラのような、ダロウズエニグマと
画像はないけど、ツル性のクロチルドスペール(粉粧楼と同じものとか)

***

T17_0923yaeyama404
返り咲きというより
夏からずっと、ぽつぽつ咲き続けているヤエヤマノイバラ。
植えたのはずいぶん前だけど、消えずに残っている。

|

2017年10月 2日 (月)

ミツバチ(9/21)

少し前、9月21日撮影のミツバチ (しつこく追いかけています・・)

T17_0921kahun230
この子は花粉まみれになって、けなげな様子。
画像を拡大すると、なんとか翅脈が写っていた。

T17_0921bee230l
上の画像の拡大
後翅の円の中の脈が二股に分かれていればニホンミツバチらしい。
う~~ん・・ あと一歩!
分かれているようにも見えるんだけど残念ながら鮮明ではない。

T17_0921bee222
これも21日撮影
前翅はよく写っているんだけどなあ。
とにかくじっとしていないし
とまっているときは翅が重なって、後翅はなかなかみえない。

セイヨウかニホンか、わかってどうするということもないけど
ここまできたら知りたくなる。
私のおあそび。

***

9月30日(土曜日) NHK特集ニッポンの里山は九州地方の話で
まさに私の山庭で出会う生き物たちが
いくつも登場して、ワクワクしながらみた。

期待のニホンミツバチも登場した。
セイヨウミツバチは赤っぽく
ニホンミツバチは黒っぽくみえるともいうけど(番組内ではそういう話はありません)
テレビでは、光の具合で黒っぽくみえたり
明るいところだと私の写真と同じようにもみえた。
録画したものを何度も繰り返し再生したけど
山庭のハチの同定の決め手にはならなかった。

以前、近くに住む‘山の番人’Tさん宅で
作成中のニホンミツバチの巣箱を見せてもらったことがあり
今もハチがいれば確認させてもらいたいと思ったのだけど
みんないなくなってしまったとのことだった。
うちに来てるのはその子孫だったりして・・

番組では、こないだ知ったばかりの
リュウキュウサンショウクイも登場してうれしかった。

 

|

2017年9月30日 (土)

実(9/19・23)

T17_0923sawaf401
サワフタギ

T17_0919suzme440
スズメウリ

T17_0920sarnasi063
サルナシ
サワフタギとスズメウリは食べられないけど、これは食べられる。

T17_0919nathaze070
ナツハゼ
日当たりが悪いところなので、実つきがまばらだけど美しい。

|

«草花