2017年7月20日 (木)

この時期の花(7/17)

T17_0717star154
オオデマリの足元に咲く、ヘイズスターバースト(たぶん)

T17_0717starb152
茎が細くて頭が重く、野芝の上に横たわっている。

T17_0717kikyo150
白いキキョウ
背が高くなる種類を植えたのに、やはりこれも横たわっている。
台風のせいもあったかもしれない。

T17_0718yusge143
ユウスゲ
いびつだった前回みた花と違って、きれいな姿。

T17_0717cro187
桜の足元に、ほんの少し植えたクロコスミアは
大きく広がったけど花数は少ない。

T17_0717cro141
そろそろ減らさなくては。
繁殖力が強いので移植は考えていない。

T17_0718kawara223
カワラナデシコも初めは植えたものだけど、自然に増えていく。

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

ネジバナとハナバチ・2(7/18)

翌日(18日)、もう一度野芝でルリモンハナバチが来ないか待ってみた。
あいにく、別のハチばかり。
今回は一泊で、こうばかりもしていられず、早々にあきらめる。
ルリモンのシーズンはまだこれからだから今後に期待しよう。
カメラのピントは夫にみてもらって、前よりかマシになった。

T17_0718keb213
ルリモンと同じくらいの小型のハチ
調べると似たようなハチがたくさんいて、この程度の写真ではとても判別できない。

T17_0718keb217
上と同じハチ

***

T17_0718kuro237
こちらはひと回り大きなハチ
細いネジバナにとまると、ゆらゆら花茎がたわみ
苦労しながら吸蜜している。

クロマルハナバチでは、と思うのだけど
コマルハナバチのメスとの区別ができない
コマルハナのメスはこの時期もういないのだろうか。

T17_0718kuro248
虫取り網で捕獲したら同定もしやすいだろう。
だけど、なるべく虫たちの活動の邪魔をしたくないので
出会ったときはカメラに収め、気長に観察していきたい。

***

縦構図の写真はサイズを大きくすることにしました。

|

ネジバナとハナバチ・1(7/17)

夫とねこと、一泊山へ。
いろいろあって、なかなかゆっくりできないけど
大雨や台風のあとは、何もないとは思っても一度はみておきたい。
行ってよかった。
台風で折れたクヌギが電話線にかかっていた。
そして、久しぶりに珍しいハナバチをみることができた。

T17_0717neji155
野芝の原っぱ

T17_0717neji170
ネジバナがいっぱい。

T17_0717neji167
ねじりの強いのや弱いの、巻いた方向もそれぞれでおもしろい。

T17_0717rurimon033
ルリモンハナバチがいた。
くやしいことに、カメラのピントの調整がまずくて、まともに写った写真が一枚もなく
これがベストショットというお粗末。
2008/8/13撮影したハチの写真がある。

今日確認できたのは1匹だけ
以前みたときは何匹も群れていた。
ネットの情報では出現時期は晩夏から秋にかけて、9~10月とあるけど
5年前には6月にみている。 

ルリモンだけでなく、たくさんの虫が吸蜜していた。
ネジバナが増えてみんな喜んでいることだろう。

野芝はガやチョウの幼虫がたくさん育っているようで
あちこち枯れたところがあるけど
それはそれでいい。

追記:
7/21日付の西日本新聞
鹿児島県鹿屋市のバラ園で
ルリモンハナバチがみられるという記事があり
「毎年6月中旬~11月上旬の早朝や夕方を中心に・・略」 とあった。
6月に見たのはめずらしいことではなかったらしい。

|

2017年7月13日 (木)

アカガネサルハムシ(7/1)

T17_0701saruha886
ノブドウの葉に、初めてみる虫がいた。
タマムシと似たような色使いの、メタリックな美しい虫。
コガネムシよりひと回り小さい。

T17_0701saruha889
調べてみると、アカガネサルハムシという、ハムシ(羽虫)の仲間らしい。
ウリハムシなどはわかるけど、サル?
検索すると、サルの置物に似ているとかなんとか・・
ブドウの害虫らしい。

T17_0702yamaso867
2年前に自宅から移植したぶどうの木、ヤマソービニオン
大きくなってからの移動でかなりダメージを受けたけど
ようやく葉を茂らせるようになってきた。
サル君に見つからなければいいけど。


T17_0701ramie849_2
マルバにとまっているラミーカミキリ
おしゃれな姿が花に似合っているので一枚撮影。

| | コメント (2)

2017年7月11日 (火)

綾(アヤ)

T17_0703aya974
ヤマアジサイ・綾

名前にひかれて購入。
まだ小さくて、右側にあるコンフリーに埋もれそうだけど
エゾアジサイの系統で、他のヤマアジサイより少し大きくなるそう。

T17_0701star977
綾の左側には北米アジサイのヘイズスターバースト(たぶん)

T17_0703yugiri876
スターバーストのそばに、夕霧草を植えた。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

ヒュウガトウキ(7/3)

T17_0703toki982
果実袋を買いに行ったホームセンターで
売れ残りの処分品に目がいった。
「神の草ヒュウガトウキ」と書いてあって、つい、手が出た。
別名、日本山人参。 
朝鮮人参に似た成分を有するそう。
特に薬草に興味があるわけではないけど、セリ科の植物は好きだし
あってもいいかな、くらいの気持ちで。

T17_0703toki986
植えた場所は、木陰で湿り気があるヒメコブシの足元

T17_0703toki985
ヤマアジサイ・押川紅と、並べて植えた。
押川紅はヒュウガアジサイのひとつらしいので、ヒュウガトウキと同郷ね。

| | コメント (2)

2017年7月 9日 (日)

ナツツバキ他(7/3)

T17_0703natu842
ナツツバキ

T17_0703niwana724
ニワナナカマド

T17_0703hanai562
ハナイカダ(自生)

雨、いつまで降るのか・・

 

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

ネジバナ(7/1)

野芝の原っぱは、草刈りのタイミングがむずかしい。
4月に群生したスミレのあと出てくるネジバナに
影響がないようにしたいけど
ちょうどよいタイミングで山に来れなかったりする。
でも、今年はまめに通ったのでうまくいくかもしれない。

T17_0701neji865
もちろんスミレも毎年咲かせたいので
花後にでてくる閉鎖花や葉をなるべく残せるように
かなり高めに、5月に一度芝を刈っておいた。

長く伸びてみえる葉は
その後伸びたエノコログサなどイネ科の植物。
スミレが少なかったところは野芝を短く刈り込んだので
芝の面にあちこち段差がある。
こうなると、芝生という雰囲気ではなく
このごろは「野芝の原っぱ」と呼んでいる。(それも気に入っている)

T17_0701neji916
画像、濃緑の縦の線はネジバナの花茎。
ネジバナの葉は短いので、イネ科の葉に紛れてしまう。
花茎が伸びてきてようやく、存在がわかるようになったといったところ。

T17_0703neji915
スミレが生えていなかったところは野芝を短く刈り込んでいたので
わかりやすい。

T17_0701neji917
全体が写っている画像。
葉の長さが野芝とあまり変わらない。

それにしても、クローバーがほんとに少なくなった。
芝生からは追い出されて、花壇の中や通路にはびこっている。
マメ科のクローバーが年々少なくなったことと
菌と共生するランの仲間であるネジバナが増えたこととは
まさか関係ないよね?
根粒菌と菌根菌の力関係・・なんて、妄想。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

梅雨どきのバラ

T17_0630foli728
ロサ フォリオロサ
なかなか開花に立ち会えない。

T17_0703iza940
イザヨイバラ

T17_0701teriha816
自生のテリハノイバラ

T17_0701yae732
ヤエヤマノイバラ
名前のとおり南方の野生バラだけど、ここの寒さでも耐えてくれる。
写真ではテリハノイバラと同じようにみえるけど

T17_0701yae829
並べてみると花の大きさの違いがわかる。
上がヤエヤマノイバラ、下はテリハノイバラ。
ヤエヤマの方は咲き始めの花なので、時間が経つともっと大きくなる。

T17_0701yae830
写真が悪いけど、一番上の花が咲き進んだヤエヤマ

T17_0701yae825
咲きたての花に、トラマルハナバチが乗っかって吸蜜。
ラッパ状の花よりラクだろうね。

T17_0701bay854
何度も台木の芽がでてそのたびにかき取り
苦戦していたベイシーズ パープルローズに、ようやくシュートが。


| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

ヘメロカリスとクロアゲハ(7/3)

T17_0703sora926
連日の畑仕事でくたびれ、2日の夜は地震のことなど考えもせず
早寝してぐっすり眠った。
あんまり早く寝たので明け方まだ日が昇る前から目が覚めた。
日ごとに天気は良くなり、美しい朝焼けの雲がみられた。

T17_0703niwa928
日が昇るとすっかり梅雨明けしたかのような
まぶしい夏の景色。

T17_0703niwa933
ユウスゲは前夜咲かなかったけど

T17_0703ageha950
朝にはヘメロカリスの初花がみられた。
写真を撮ろうと近づいたとき

T17_0703ageha943
いきなりクロアゲハがあらわれた。
目の前に私がいることなど気にもとめず、花の中に飛び込んだ。

T17_0703ageha944
もっと、もっと!と
翅をすぼめてぐいぐい顔を突っ込む。

T17_0703ageha945
で、飛び出していったかと思うと
くるりと方向を変え、またしても突進。

T17_0703ageha946
反対方向から飛び込む。

T17_0703ageha947
二度のダイビングで気が済んだのか
それからは遠くに飛んで行ってしまった。

T17_0703heme948
あっという間の出来事だった。


***

アップしたのは、日差しが明るい記事になりましたが
今日も雨が降り続いています。
昨日(7/5)、九州北部の広い範囲で大雨による甚大な災害が起きました。
私の周辺では被害はありませんが
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
雨雲の発生がおさまり、少しでも早く復旧が進むようお祈りいたします。

 

| | コメント (6)

«モモ、袋かけ(7/2)