2017年9月22日 (金)

ヒメリンゴ・ヤマガラ(9/20)

台風18号のあと、様子を見に行ってきた。
特に変わったこともなく、いったん帰宅。


T17_0919himerin066
ヒメリンゴの実
鈴なりに、とまではいかないけど、それなりに。

T17_0920himerin172
去年は、バラの実がなくなる真冬になっても
小鳥に食べられず残っていた。
そんなにおいしくないんだろうか。

T17_0919tema067
同じような画像だけど、こちらはテマリリンゴ(という名の品種)
上のヒメリンゴより少し大きくて形もリンゴらしい。
植え場所の条件が悪くて、やっと今年いくつかの実がついた。

T17_0920temarin127
いかにもおいしそうに見えるけど
小鳥は食べに来るだろうか。

T17_0920yamagara169
春にたくさんの花を咲かせたエゴノキの実をヤマガラが取りに来た。
エゴの実はとても硬いのだけど
中の種はヤマガラの大好物なんだそう。


明日からまた出かけます。
続きの更新はまたのちほど。

|

2017年9月18日 (月)

トチノキ・バラ・アケビ他(9/13)

T17_0913toti881
実生トチノキの大きな葉が一部紅葉していた。

T17_0913noi883
トチノキのそばには
ノイバラの仲間で、真っ先に色づくサクラノバラ。

T17_0913akebi900
アケビの実が今年はたくさん

T17_0913ake899
アケビコノハという蛾の幼虫がいた。
幼虫は鳥が嫌がるヘビに擬態し
成虫は見たことないけど枯葉に擬態するという。

T17_0913tanki648
青い花はタヌキマメ
タヌキに擬態したわけではないけど似ている。
赤い実はロサ・マレッティ。


|

2017年9月17日 (日)

アカスジキンカメムシ・他

T17_0913akasujikin962
ヤマボウシの実にいた虫

T17_0913akinkame966
身体は黒っぽいのに、脚だけ妙にメタリックなグリーンだったので
変わった虫だなと思って撮影していた。
天気が良かったら身体も光っていたのかもしれない。
調べてみると、まだ子どもだった。
アカスジキンカメムシの幼虫。
おとなになると白い模様は(脱皮して)消え、美しい虫になるよう。


T17_0914hati980
今回のミツバチの写真
なんとか翅脈が写っているけど、後翅ははっきりしない。
残念。あと一歩だなあ。
後脚の毛にはまだ花粉がついていない。
これからお仕事。

T17_0914hati977
これも。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

ツユクサ

T17_0913tuyu030
10年以上、山庭でツユクサをみているけど
ひとつの苞から二輪の花が咲いているものがあることに
今回初めて気がついた。

T17_0913tuyu885
これも。
午後、開花から時間が経っているせいか花色が濃い。

T17_0914tuyu019
その気になって探してみると、双子のツユクサはいくつもあった。

T17_0914tuyu020
横からみるとこんなふう。
貝のように2枚合わさった苞の中から2本の茎が出ていて
それぞれに花が咲いている。

ツユクサの苞の中には、主軸と側枝、計2本の軸があって
普通は、主軸の花は退化していて、側枝の花だけが咲くのだそう。
それが両方とも咲くことがあるのだと。
画像では上が主軸の花、下が側枝の花ということらしい。
下の苞では、主軸は花が咲いた形跡はなく退化しているようで
側枝には花がらがついている。

苞を開いて撮影すればわかりやすかったのだけど
ネットで調べてみたのは帰宅後だった。

(ツユクサで検索すると、いろんなサイトで紹介してあります)

| | コメント (0)

9月の花(9/13)

T17_0913syumei033
シュウメイギクが咲き始めた。

T17_0913totei924_2
今年植えたトウテイランも。

T17_0903simoba623
シモバシラ
まともに咲いたところをみるのは今年が初めて。
丈夫そうな花なのに、名札違いだったり、枯らしたりと
なんだか縁がなかった。

T17_0913syoma990
小彼岸桜の下、イヌショウマがずいぶんと少なくなった。
近くに植えているサラシナショウマは花穂が上がらなかった。
自生のノコンギクに負けてしまったらしい。

T17_0913bro035
ブロワリア・アメリカーナ(手前)と
背景のピンクはゲンノショウコ。 (画像差し替え9/17)

T17_0913mina000
ノリウツギ・ミナヅキの色が緑がかってきて

T17_0913kuju011
山アジサイ九重山は返り咲き。
下の方にみえるツユクサは、ひとつの苞から二輪咲いている双子ちゃん。

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

玄関ひさし・1(9/13~14)

T17_0913ie933_2
夫と二泊のつもりが、雨のため一泊で切り上げた。
初日、きれいな夕焼け。
天候は下り坂ではあるけど、翌日いっぱいもってくれればと思っていた。

木材はブルーシートの中。
あとで写真を撮ろうと思っていたけど、翌日は雨に追われて撮りそびれた。

今回は玄関のひさしをつける予定だった。
ひさしを作るのには、煙突のメンテナンスの安全のためという理由もあった。
計画を立ててから、あっという間に2年。
その間、いろんなことがあって
特に山通いが遠のいていたのでしかたがないけど
高所作業は年々心配になって、早いとこ卒業してほしいと思う。

材料はすでに購入してあったので
2泊あれば組み立てまでいけるかと思っていたけど
翌日、天気ははじめの予報よりも早く崩れた。
なじみの製材所さんからお借りしたホゾ切りの機械で細工をしたあと
カンナをかけ、組み立てる段取りまでしたところで
午後から本格的な雨に。
今月中にもう一度来て、組み立てることにして帰路につく。

T17_0913ware999_2
この日は気温が高く、蒸し暑かったけど
ワレモコウが咲き始めたから、すぐに秋らしくなってくる。
ひさしができたら、ストーブのメンテナンスをしなくては。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

萩の季節(9/3)

先週、夫の用事のついでに一泊だけ山に行ったときの記録
書きかけてそのままになっていたのを仕上げて
少し遅くなったけど、次の山行きの前にアップしておきます。

T17_0903hagi710
白萩がどんどん咲きだしていた。

T17_0903hagi716
自生の山萩も。

T17_0903hagi718
一泊だったけど、夕日がみられてよかった。

T17_0903gau715
ガウラの花は赤みを帯びてきた。
朝晩の気温が下がってきたのだろう。

|

ハナバチ(9/3)

ハナバチの観察にすっかりハマっています。
虫が苦手な方には申し訳ないけど
自分の備忘録として、画像は大きめに文章は多めに書いています。


T17_0903hati777_3
ハナバチとは、幼虫の餌として花粉や蜜を蓄えるハチの総称だそう。
ミツバチはもちろんハナバチの一種。
今回もやはりニホンミツバチかセイヨウミツバチかの
違いがわかる翅脈の写真は撮れなかった。
あいかわらずガウラが好きなようで
たくさんの花粉を集めてかいがいしく働いている。

T17_0903hakiri598
今回、コノクリニウムの花に複数、群れていたハチは
ハキリバチの一種だと思う。(キヌゲハキリバチとか?)
ミツバチより少し小さく、お尻をつんとあげた姿勢が多かった。
白い毛がふわふわの腹部が目立つ。

葉を丸く切りとって巣の材料にするハキリバチもまた、ハナバチの仲間。
ミツバチとは違い、後脚ではなく腹部に花粉運搬毛を持っているそう。

T17_0903togari630
萩の花にピントが合ってしまったけど
お尻がとがったハチがいた。
これもハキリバチの仲間で、トガリハナバチのよう。

このハチは、花粉運搬毛を持たないため
幼虫の餌を準備できないので自分で巣をつくらず
他のハキリバチが巣づくりしているところに
そのとがった腹部を伸ばしてちゃっかり産卵するとか。(労働寄生)

私の好きなルリモンハナバチ(コシブトハナバチ科)も
同じく花粉を運べず、他の種の巣に産卵して育ててもらう寄生バチなんだそう。

T17_0903hati850
クロマルハナバチだと思う。
大きな体で花に止まって、揺れるのでいつもピンボケになる。

T17_0903ab679
こちらは、ハナバチに擬態したオオハナアブ
毒を持たないものが、毒を持ったものに擬態する、「ベーツ型擬態」というものらしい。

私が判別に困っていた、コマルハナバチとクロマルハナバチがそっくりな毛色なのは
毒を持ったもの同士が同じようなみかけになっている「ミューラー型擬態」だという。

|

2017年8月31日 (木)

晩夏の花(8/24)

T17_0824senno524
数年ぶりに、フシグロセンノウが咲いていた。
笹とクロコスミアの茂みに埋もれて、消えてしまったと思っていた。
ここには、マツモトセンノウも赤花、白花ともに植えていた。
茂みを整理したらまた咲くようになるだろうか。

T17_0824hosta416
今年植えた小型のホスタ
これまで庭に植えたホスタにはなかった濃い紫色だった。

T17_0824syajin564
サイヨウシャジン
年々増えてあちこちにいる。
なるべく低く咲かせたいけど、1m以上に伸びて暴れる。

T17_0824noriu558
ノリウツギ
ハナムグリが群がっている。

T17_0824mina426_2
ノリウツギの園芸種、ミナヅキ
こちらは虫にはあまり人気がない。

T17_0824hagi516
白萩も咲きだした。
次に行ったときは、たくさん咲いているだろうな。

| | コメント (2)

2017年8月30日 (水)

サツマイモ・他(8/24)

T17_0823imo465
サツマイモ(パープルスイートロード)

T17_0824sat473
防草シートをめくってみると根が張ってきていたので
盛り土をしてシートをかけ直してきた。
植えつけが遅かったのであまり期待はしていないけど、少しは採れるかな。

T17_0824jaga451
収穫のすんだモモ(白凰)に、お礼肥をするため根の周りを掘っていると
いつ植えたものかわからないジャガイモが、ゴロゴロ出てきた。

T17_0824mega449
同じくモモのそばに、数年放置しているサトイモの葉と
メガネツユクサ

| | コメント (0)

«虫たち(8/25)